<< その後 | main | りねん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * 2012.08.22 Wednesday * * - * - *

トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ

本屋さんに行ったら、また色々と新刊が出てた〜。
中でも目を引いたのがこちら。

トルコの可憐な伝統レースイーネオヤ

イーネオヤって何?
何これ、可愛い♪
これがレースなの?
レース=白ってイメージがあるけど、カラフルで立体でカルチャーショック。
ご存知ない方はこちらをどうぞ。(著者の先生のブログ。いちばん分かりやすいと思った写真の記事にリンク)

ざっと読んでみた印象では細かそうだけど難しくはなさそうかな?
でも、専用糸を用意しないといけないとなると敷居が高いなぁ。
普通のミシン糸(に見えた)なんかじゃ駄目なのかしらん?

マイナー手芸の本は後から欲しくなっても手に入らなくなるから、興味を持った時に買っておこう。
・・・
・・・
実際に作ってみるかどうかは別問題。
先生の作品を眺めているだけで楽しい♪



クロスステッチの本も今年に入った辺りからポツポツと出てきてますね。
額に入れて楽しむ絵画のような物…は元々日本ではあまりないけど、小物のアクセントにするようなミニモチーフが中心か。
そういうのも欲しいなぁと思いつつ、今までの自分のクロスステッチとの付き合い方とは異なるのでなかなか踏み出せず…。

今日見かけた中で驚いたのは。
しつけ糸の扱い方が載っていた。

何で刺繍の本で…。
そういうのはソーイングの基礎の範疇じゃないのか…。
というか、家庭科で習った覚えさえないぞ?
母親(の裁縫箱)から見よう見まねで覚える類のものではないのか…。

かなり衝撃的でしてん。
時代ですかね。
その内に「玉止めの仕方」「針に糸を通す方法」なんてページが出来る日が来てしまうのか!?
* その他手芸 * 2008.03.29 Saturday * 14:16 * comments(4) * trackbacks(1) *

スポンサーサイト

* - * 2012.08.22 Wednesday * 14:16 * - * - *

コメント

わお!かわいい!!
このままゴム付けてヘアゴムにしたら、娘が喜びそう!
子どもの肌着の胸の所に、ワンポイントで付いているお花とかはこれなのかな〜?
ちょっと興味がわいてきました。

しつけ糸・・・。
きちんと使えば、きっと作品の出来映えが違うはず・・・。
でも、私も自分の扱い方が正しい!とはとても言えません。
かなり自己流・・・。

来年から息子の家庭科の授業が始まるので、ちょっと教科書でも見てみようかな?
Comment by なたあさ @ 2008/03/29 18:36
なたあさ様、
著者の先生のブログによると、今月のおしゃれ工房テキスト(これならどこでも置いてある)にも載ってるみたいですよ〜。
ヘアゴム可愛い♪

正しい方法自体が時代と共に変わっていたりするとか。
新1年生のママが漢字・かなの書き順で悩んでいたりする話を見かけます。
大人になってから教科書を見直すと、意外な発見がありそうですよね。
自分のも取っておけば良かった。。。
Comment by じぇる(管理人) @ 2008/03/31 16:59
その本って他の方の個人出版本を参考にしたみたいですよ。
たしか茜屋っていうサイトだったと思います。
作ってみるのは難しそうですけど見ているだけでもホント楽しいですよね♪
Comment by すもも @ 2008/04/04 01:32
すもも様、
コメント有難うございます〜。

アマゾンでは在庫切れになってたヤツだ〜。
個人出版だったんですね。
茜屋さんだったらまだ扱ってるし、オンライン講座もあるではありませんか!
情報ありがとうございます。

オヤは初めて知ったのですが、色が綺麗で可愛いです♪
Comment by じぇる(管理人) @ 2008/04/04 14:22
コメントする









トラックバック

オヤ

「トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ」で未知との遭遇を果たしたじぇるさん。 興味を持って調べてみた。 「イーネオヤ」っちゅうのは...

From じぇる’s 〜クロスステッチから雑食へ〜 @ 2008/04/02 4:33 PM
このページの先頭へ