<< レース編み百科改訂版 | main | トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * 2012.08.22 Wednesday * * - * - *

その後

タティング修行、順調です。
↓ごっちゃあ。



今の所、生み出される作品そのものに魅かれるというよりは、編む事そのものが楽しい♪
 ※結び目を繋げていく手法なので、正確には「編む」とは言わないらしい。
その結果、作品を完成させる事に重きを置かなくなってしまい、仕上げをしない状態でてんこ盛りになっておりますが快調です。

そして何かを掴みました。
ほどき方の!
・・・
・・・
タティングってね、かぎ針と違ってほどくのが滅茶苦茶大変なんですよ。
編む時間の何倍もかかる。
中でも1度引き締めてしまったリングを緩めるのは至難の業。

ええ、最初から細心の注意を払って間違えるなっちゅう話ですよ。
そうは言っても、間違えちまうもんなんですよ。
だって人間だもん、涙が出ちゃう。(←それ違う)

あ、目を数え間違えた → ほどく
あ、ピコを繋ぎ忘れた → ほどく
あ、やり方間違ってるじゃん ← それは初心者ゆえ…。いずれなくなる…はず…。


テキストにはお偉い先生の有難いお言葉も載っております。
ピコを繋ぎ忘れた?縫っとけ!カタン糸で!!」(大意)
ついでに
糸端の始末?目立たない所にボンドで貼っとけ!」(大意じゃなくてほぼ原文。他の方法もあるが)


・・・
そう、そんな大らかな手芸なんです。
ずぼらなじぇるさんにはピッタリだね。

今はまだ基礎を学んでいる段階なので、初めからごまかし方を覚えてはいかんとほどくようにしてますが、お偉い先生のお言葉を実行する日も遠くないであろう。


因みに、ほどき方の掴んだ何かとは引き締めてしまったリングの緩め方

1.リングを広げる気持ちでもみもみして緩める。
2.最後の1目がきつく締まってしまっているので、ここから糸を長く引き出す。
3.引き出した糸を順に送っていく。

これでOKさ。
文字で書くと何がなにやら分からんね。
* その他手芸 * 2008.03.28 Friday * 16:09 * comments(2) * - *

スポンサーサイト

* - * 2012.08.22 Wednesday * 16:09 * - * - *

コメント

え〜、タティングレースって、すごい優雅なイメージなのに、そんなに大胆なんですか〜?
なんだか、ちょっと手を出してみたくなってきちゃいました。
でも、最近ちょっと肩こり気味なんですが、じぇるさんはそんなこと無いですか?
Comment by なたあさ @ 2008/03/28 17:15
なたあさ様、
タティングだけでドイリーも素敵ですが、小さなモチーフやブレードが簡単に作れるので布小物にプラスする為に技法として覚えておくといろいろ使えそうだなーと思いますよ〜。

因みに、ちょこっと体験してみるだけなら、わざわざシャトルを用意しなくても厚紙に糸を巻くだけでも出来るみたいです。
針先の形状が命のかぎ針とは道具の意味合いが違うみたい。
何かの通りすがりに読んだので、近い内に記事にまとめてみますね。

肩こり、大変ですね。
私も何か新しい事を始めると変な所に力が入ってしまうのか肩や背中が凝る性質ですが、タティングは大丈夫でしたよ。
手がつりそうにはなりましたが。
私の場合は、凝ってしまったら磁気盤と入浴剤とレンジでチンして首に乗せるヤツで乗り切ってます。(←治るまで大人しくしてればいいのだけど、それは出来ない(笑)
お大事になさって下さい。
Comment by じぇる(管理人) @ 2008/03/29 14:01
コメントする









このページの先頭へ