<< 判明♪ | main | その後 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * 2012.08.22 Wednesday * * - * - *

レース編み百科改訂版

レース編みって元々がアンティークの領域に達しているので、大昔の本でも今でも使えるデザインが多いじゃないですか。
子供の頃に買った本(すてきなレース編み 平田 園江)が出てきたのでパラパラと見てみたのですが、演出用の小物はさすがに・・・ですが作品は今でも素敵。
特にドイリーはいい感じ。

そもそも、クロッシェ以外は新刊はあまり出ないし、古いのは(今でも通用するのに)絶版ばかりだしで新品に拘っていたら選択肢が限りなく狭いので、黄色い本屋さん(BOOK OFF)に行ってみました。
今なら引越しシーズンで処分する人が多いから、在庫が豊富なはず!

そして戦利品。
レース編み百科改訂版

注目!
発行年月: 2006年04月
古本でもあまり値下がってない(半額の600円でした)なぁと思ったら、まだ新しいのか。
これって今でも普通に売ってるんじゃないかな?
それなら新品の方が良くないか?と思いつつ、気になる作品がいくつもあったので買ってしまいました。

・・・
・・・
帰りに寄った本屋さんで新品売ってたよ・・・。
小さい本屋さんなのでレース編みの本なんて4冊位しか置いてないというのに。


黄色い本屋さんに望んでいるのはそういうんじゃないんだ。
今では手に入らない昔の本を定価以下で探したいんだ。
オークションや価値の分かる専門の古本屋さんだとプレミアついちゃうもんね。


ていうか、クロッシェレースは探していなかったんだ。。。
(↑だったら買うなよ。だってだって素敵だったんだもん)
タティングを始めたばかりで手が回らないというのに。
本の作品が可愛くて、うっかり心魅かれてしまってますよ…。


既刊本の再編集だそうで分厚いです。
130作品、184ページもあります。
これで1260円はなかなかコストパフォーマンスが宜しい♪
豪華で繊細なレースよりは可愛らしい印象の小物が多いかな。
パンジーのミニドイリーが可愛い♪縁にパンジーがあしらわれているの。

気付かずに買ったけど、巻末には探していた糊付け方法も書いてあってタナボタ。
そうか…。やっぱりキーピングじゃなくて液体のりがいるのか…。
めんどくせえな。



そういえば、タティングは新刊が出るらしいですね。
予約受付中になってました。
【予約】 シャトルひとつで編める タティングレース

新刊だと店頭に並ぶから、それまで興味のない人の目に止まる機会も増えるのがいいよね。
(どうでもいいけど、シャトル1つじゃ編めんぞ?2つ使わないと。
いや、編めない事もないけどデザインがかなり制限されるぞ?
と、ずぶずぶの初心者が突っ込んでみる)
* その他手芸 * 2008.03.24 Monday * 15:31 * comments(0) * trackbacks(1) *

スポンサーサイト

* - * 2012.08.22 Wednesday * 15:31 * - * - *

コメント

コメントする









トラックバック

シャトル1個で編むはじめてのタティングレース

タティングの新刊出てた〜。 シャトル1個で編むはじめてのタティングレース 本当にシャトル1個で作ってある作品ばかりだった。 作品を...

From じぇる’s 〜クロスステッチから雑食へ〜 @ 2008/04/22 4:17 PM
このページの先頭へ